ETCカード入れっぱなしのデメリットとは?

ETCカードを挿しっぱなしにしていたら盗難された、紛失してしまった場合、急なトラブルに焦ってしまうと思いますが焦ったまま行動をするのではなく落ち着いてから連絡をしましょう。

もし紛失だったとしても必ず警察へ届け出をしてください。

そのあとにどこに連絡するかはカードの発行元によって変わり高速道路事業会社が発行しているETCパーソナルカードの場合は事務局へ電話をかけてください。

電話がつながる時間は限られているので連絡する際は時間に気をつけてください。

クレカ会社が発行しているカードの場合は発行元の会社への連絡になります。

カード会社によって停止・再発行までの違いはあると思いますが多くの場合は24時間受付可能のフリーダイヤルが用意されています。

1、2年ほど前からキャンピングカーのレンタルサービスが人気なようです。

旅行をするということは高速道路を利用しますよね?高速道路を利用する際にETCカードの利用を考えると思いますがETCの利用自体はレンタカーに車載器があれば簡単に利用できますが旅行後にETC利用照会サービスで履歴を見るには事前準備が必要になります。

利用照会サービスのHPでは本人確認を行うための事前登録として「ETCカード番号」、「ETC車載器の番号」などの情報が必要になります。

レンタカー利用時の車載器管理番号は各レンタカー会社へ連絡して聞いてください。

各レンタカー会社に確認しないとわからない項目もあるので注意してください。

1度登録したカードについては他の車両で利用するときの登録は不要になります。

最近ETCカードについて調べていたところあまり知られていない豆知識を見つけました。

それは、車載器がなくてもETCカードで支払い可能ということです。

車載器がない場合はETC専用レーンには入らず一般レーンを使いスタッフにカードを手渡せば読み取ってくれるので通行可能になります。

料金所スタッフに手渡しで利用する場合、ETCが作られた理由としての人件費削減や渋滞を起きにくくするという目的が手渡しでは無意味になってしまいます。

そのため支払額に応じての通常の利用ポイントはついてもマイレージサービスのポイントは付かないことや様々なETC割引が適用されないなどのデメリットがあります。

なので皆さんもETCを利用する時は車載器を付けましょう。

わかっているようで実は知らないルールってありませんか?例えばETCの正しい使い方はどうでしょう。

NEXCOのHPで正しい使用方法の案内が載っていたので簡単にまとめてみました。

まず、ETCカードにはクレカと同じく有効期限があるので車に乗る前に確認しましょう。

車に乗ったら車載器にカードを挿れますが正しいカードの向きで挿入してください。

ETCレーンに入る際はレーンエラーなどで信号が赤になっていないかの確認と必ず時速20km以下の速度で通行してください。

もし車載器の故障など何らかの理由で出口の開閉バーが開かないというアクシデントが発生した時は決して車をバックさせず、インターフォンで係員の指示に従うようにしましょう。

車の免許を取った学生の方の中にはクレカの所持について不安でETCカードだけ作りたいという方も多少はいると思います。

そんなクレカはいらないという方向けにETCパーソナルカードというものがあります。

このカードは補償金を預ければ誰でも作ることができますが平均利用月額が5千円単位で切り上げた額の4倍以上の金額を補償金として預け入れなければなりません。

逆に言えば、補償金を預けることさえできればクレヒスに問題があるなど何らかの事情があってクレカを作れない方でも発行されます。

クレカを持っている方との大きな違いがこの点です。

他には、別途年会費がかかりその額も通常のETCカードの2倍近く高いです。

ETCカードを利用して高速道路の出口を通過する際、車載器の故障などがなければETCレーンの無線機と車載器で通信が行われゲートが開きます。

万が一出口でエラーが発生してしまった場合、どうしたらよいのでしょうか。

もしエラーが起きたら車載器からエラーの警告音が出ます。

ETCレーンが故障していたとしてもゲートのバーには「STOP」の表示のみが出て、バーも上がりません。

そのためにETCレーンに減速しながら入っていくことになっています。

バーに接触してしまうと事故扱いになるので気をつけて車を停めましょう。

その際、事故につながることがあるため停車後は落ち着いて行動しましょう。

停車後はバーの手前にインターホンがあるので係員の指示に従うようにしましょう。

多くの場合、スタッフに直接カードを渡して精算になりますがETC割引は適用されるので安心してください。

車で遠くに出かけるときに便利なETCカードですが、取扱会社が多くてどのカードを選べばいいか迷ってしまいます。

カードごとにどんな特徴や違いがあるのでしょうか。

多くの人が確認するのが年会費や更新費用の部分でしょう。

年会費については大きく分けて3つのタイプに分類され、1年間利用するしないに関わらず、年会費無料のタイプ、年間の利用額など条件付きで年会費無料になるタイプ利用額や頻度に関係なく年会費がかかるタイプがあります。

同様に更新費に関しても無料と有料のカードがあり、ポイント還元率が高くなっているなど別の面で優遇されていることも多いです。

ETCカードを持っていないから欲しい!と思ったときに何が必要なのでしょうか。

それはクレカです。

現在、クレカを持っていなく銀行のキャッシュカードしか所有していないという方はクレカを申し込む必要があります。

しかしキャッシュカードの中でもクレジット機能がついているカードの場合はそのまま発行手続きができます。

なぜ銀行のキャッシュカードで作れないかというとETCのゲートを通過するときにデータのやりとりを行いますが銀行口座から即引き落とされてしまう方法では偶然口座にお金がない、新しく口座を作ってお金を移動してしまった場合にETC出口が通れなくなり立ち往生してしまうからです。

皆さんは普段、高速を利用する時にETCカードは利用されていますか?もし利用していないならすごくもったいないです。

なぜかというとETC利用で高速道路の料金割引が受けられるからです。

例えば、NEXCOが管理している地方部の利用料が30%オフになるんです。

他にも平日朝夕割引などいろいろな割引を行っているようです。

また、割引が適用されない区間でもほとんどの人が経験したことがあると思う料金所の一般レーンの渋滞を気にすることなく通過できます。

ここまで読んで損してたなぁ、カード作らなきゃと思った方はお持ちのクレカを発行している会社に追加で発行してもらうかサブのクレカと一緒に発行してもらいましょう。

高速道路などを走行するときに割引があったり一般レーンと比べてあまり渋滞の影響を受けずにスイスイ料金所を通過できてお得なETCカードですが高速道路を利用しない時のカードの取り扱いを皆さんはどうしていますか?インターネットで検索してみたところ多くの人が同じ疑問を持っているようです。

24時間挿入したままという人の意見を見ると「高速にのってから挿し忘れるのに気づくのがいやだ」、「もし盗難されても利用停止にしたらいいから気にしない」といった意見がありました。

ただ挿しっぱなしの方の中には別のカードを使おうと思ったら起動時に認識エラーがよく起こるようになってしまったという方や車検時に預けた時に挿したままだったといううっかりも報告されていました。

できればこまめに抜き差しするクセを習慣づけしましょう。

高速道路の料金が自動で引き落とされるETCですがインターネットを見ていたらこんな質問がありました。

「ETCカードで給油時の支払いはできますか?」という質問です。

結果としては、基本的にはできません。

「基本的に」と書いた理由は、クレカ機能付きの一部カードを所持している場合は決済できるからです。

では、どこのカードがクレカ機能も付いているのでしょう。

出光やコスモ石油などガソリンスタンドで申し込めるカードにクレカ一体型が多いようです。

クレカ一体型は一枚で買い物やETC利用ができるので管理が楽ですが高速道路を走っている途中に休憩をしようと一度車載器から抜いてからではないと決済できないという少し面倒な面もあります。

大学生になって車の免許を取ったばかりという方もいると思います。

夏休みや春休みに友達と遠出を考えているならぜひETCカードを利用しましょう。

ここではETCカードの作り方の種類を解説します。

カードの作り方としては大きく2種類に分類されます。

クレカ会社から発行しているクレカタイプと各高速道路会社が共同発行しているETCパーソナルカードという2種類です。

特別な理由でクレカを作れないという状況でなければクレカタイプをお勧めします。

その理由としてはクレカタイプの場合は新規カードの申し込み時に一緒に申請でき、すでにクレカを持っている場合は追加申し込みで簡単なのに対しパーソナルカードでは発行時に最低4万円の保証料を預ける必要があります皆さんはETC カードの発行新鋭をする際にどういった部分を気にしてカードを申し込みましたか?持っているクレカからweb上で発行申し込みをした方や発行手数料や年会費無料かをチェックして申し込んだ方もいると思います。

ここではまだETCカードを作っていない方に向けて他の方が作ったときにどのポイントを見て申し込んだのかを調べてみました。

高速道路をあまり利用しないという方は年会費無料のカード、利用頻度の高い方はポイント還元率で選ぶ方が多いようです。

年会費無料のカードを選ぶ際、よく利用する店舗でのポイント還元率の違いや自営業の場合、仕事用と私用でカードを分けるために複数枚持つ方もいるようです。

皆さんはクレジットカードの利用額はちゃんと管理していますか?特にカードを複数枚所持している方は管理が大変ですよね。

プライベート用や仕事用でカードを分けている場合、確定申告用に利用履歴や明細、領収書を集める必要があります。

これはETCカードの明細でも同じ処理が必要になります。

クレカでは各カード会社で照会をする必要が出てきますがETCの場合は「ETC利用照会サービス」という1つのサイトで過去の利用証明書・利用明細の確認ができます。

レンタカーで利用した明細が必要ならば事前にレンタカー会社へ車載器管理番号などを確認しなければ照会ができなくなってしまうこともあるので気をつけましょう。

この前、ネットを見ていたらこんな豆知識を見つけました。

それは、ETCカードを利用して現金レーンでも支払いができるということです。

料金所入口でカードを係員に渡すことで処理を行われるようですが基本的にはETC無線通行原則と言うものがあり無線通行しない場合は入口?出口の無線通行しない場合はどの入り口から入ったかなど通行に関する情報が把握できないため距離料金が適用されません。

料金所入口がETCレーンエラーなどで無線通行不可になっている場合は、料金所の係員に「車載器を設置している」ことを伝えて決済するカードを渡して処理をしてもらってください。

出口料金所の利用時に料金所のない入口を無線通行していた場合は料金算出の起点がわからなくなるのでその料金所から最も遠い料金所のない入口からで計算されるようです。

参照:http://www.cessibonskennel.net/

ガソリンスタンドでは現金やクレジットカード払いなどの支払い方法が選べます。

最近ETCカードを申し込もうと思って調べていたところ作るカードの種類によってはガソリン給油時に最大8円/L値引きやクレジットカード利用時の付帯ポイントが2倍になるなどの様々な特典がつくカードもあるようです。

例として、楽天カードの場合、ENEOSで給油やメンテナンス時にポイントが2倍になり貯まったポイントでの支払いもできるそうなのでよく車に乗られる方や高速道路を使う方は給油時の特典があるカードの利用がお得です。

このようにカードごとに特典が違うので選ぶ際はいろいろ調べてみてください。

大学生になって車の免許を最近取ったという方もいると思います。

夏休みに友達とキャンプなど遠出を考えているならぜひETCカードを利用しましょう。

ここではETCカードの作り方を簡単に説明します。

カードの作り方としては大きく分けて2種類があります。

クレカ会社で申し込み、発行しているクレカタイプとNEXCOなどが共同発行しているETCパーソナルカードというものです。

基本的にはクレカタイプで入手することをお勧めします。

その理由としてはクレカタイプの場合は新規申し込みと同時に申請できるので時間がかからず、すでにクレカを持っている場合は各カードのサイト上で追加申し込みで手続き完了なのに対しパーソナルカードの場合は発行時に最低4万円の保証料を用意しなければいけません。

車の免許を取った学生の方の中にはクレカを保有するのが不安でクレカはいらないけどETCカードだけ作りたいという方もいると思います。

そんなETCは使いたいけどクレカは作りたくないという方向けにETCパーソナルカードというものがあります。

このカードは補償金を預ければ誰でも作ることができますが平均利用月額が5千円単位で切り上げた額の4倍以上の金額(4万円前後が多い)をデポジットとして預け入れなければなりません。

そのため、補償金を預けることさえクリアできれば長期滞納などでクレカを作れない方でも発行できます。

クレカを持っている方との大きな違いがこの点です。

他には、別途年会費がかかりその額も通常のETCカードよりも高いです。

肝心なときに限ってトラブルが起きる方っていますよねというのもこの前遠出しようと思いETCカードを使おうと財布の中を探しても見つからなかったんです。

その後自宅に帰ってから改めて探しても見つからずどうやら失くしてしまったようです。

こんな時にどうしたらいいのか慣れていないので焦ってしまいました。

ひとまずカード会社に利用停止の連絡をしようと思い、紛失盗難デスクという部署で手続きを行ってもらえました。

再発行時に手数料が発生しますが手続きをしてから2週間しないうちに再発行されたカードが届きました。

このように予期せぬトラブルに見舞われても焦らず行動をしましょう。

家族や友達と車で遠出をする際に高速道路の利用料金をどうやって支払ってますか?大半の人はETCカードを利用していると思います。

実際にNEXCO東日本の調べでは先月のETC利用率は約9割になっているそうです。

なぜこれほどまでに利用率が高いのか調べてみたところ一般レーンでの支払いに比べて短時間で通過できることや休日割引などの料金割引が適用されて一般レーンよりお得という理由がありました。

木更津?川崎間を横断している東京湾アクアラインを例に挙げると普通車料金が一般レーンでは3090円なのに対してETC利用で支払うと料金が800円と2000円以上違います。

また、親となるクレカの特典次第ではガソリン給油時の割引がついているカードもあります。

1、2年ほど前からキャンピングカーを借りて旅行するのが人気なようです。

キャンピングカーで旅行をするということは高速道路を利用しますよね?高速道路を利用する際にETCカードの利用を考えると思いますがレンタカーでのETC利用は車載器がついていれば利用できますが旅行後に利用履歴を見ようとした時にはETC利用照会サービスに事前登録の必要です。

利用照会サービスではカード利用者本人かの確認のため事前登録として「ETCカード番号」、「ETC無線通行した利用年月日」などいくつか情報が必要になります。

レンタカー利用時の車載器管理番号は各レンタカー会社への電話するなどして確認してください。

自家用車などでETCカードの登録をすでに行っている、もしくは1度登録した後は複数車両で利用するときの登録は不要になります。

ここ数年でよく決まったオフィスを持たないノマドワーカーという言葉を聞くことが増えました。

中には独立して個人事業主や法人化して社長となる人も増えています。

個人事業主の方は経理業務がとても面倒だと感じる方もいるそうです。

打ち合わせなどで移動する際の交通費は領収書が多くなりがちで毎回領収書を出して保管、清算して・・・というのはかなり面倒です。

できれば法人口座からまとめて引き落としできるようにして経費参入しておきたいですよね。

その場合、高速道路料金支払い時に使用するETCカードはどうしたらいいのでしょうか。

基本的な作り方は個人用のカードと変わらずクレジット機能付きの法人カード発行は設立・独立したばかりでは審査に通りにくいと言われており、会社設立後の1つの関門とされています。

高速道路料金で割引を受けることができてお得なETCカードですが少し不明な部分があります。

それはバイク用のETCもあるのかということです。

結論から言うとバイク用のETC車載機も存在します。

調べてみたところ、ハンドル周り車載器を設置する「一体式」とカードリーダー部分をシート下に設置できる「別体式」の2種類があるようです。

一体式のメリットとしては、配線が少ないので取り付けが比較的楽になることがありますが、ETC通信の誤作動防止のためにハンドル周りに設置することになり操作性が下がったり、駐車中に車載器を盗難されやすいなどのデメリットもあります。

別体式では見た目がコンパクトになり、シート下にしまうため盗まれにくくなる反面、一体式に比べ価格が高くなりがちで配線も一体式に比べ多くなるデメリットがあります。

車で遠くに出かけるときに割引が適用されるなど便利なETCカードですが、発行している会社が多くてどのカードを選べばいいか迷ってしまいます。

カードごとにどんな特徴や違いがあるのでしょうか。

多くの人が見る部分が年会費や更新費用でしょう。

年会費について大まかに分類すると年間の利用額を問わない年会費無料のタイプ、年に1回以上の利用で年会費無料になるなどの条件付きタイプ利用額や頻度に関係なく年会費有料のタイプがあります。

更新費に関しても同様に無料と有料のカードがあり、発行費が有料なカードだった場合、多くのカードで更新費も有料になっていることが多いです。

自動車免許を取ったばかりの方の中にはETCカードを持っていないから友人からカードを借りてくる。

という話を聞きます。

技術的・仕組み的には他人名義のカードも問題なく利用はできますが信用面で問題があるので家族・友人間でもカードの貸し借りはしないでください。

なぜかというと、クレジットカードの利用規約に本人以外の利用禁止という文が載っているからです。

仕組みを簡単に書くとETCカードもクレカと同様にカード会社が一時的に利用料金を立て替えて名義人の口座から後日まとまった金額を引き落とすという形をとっています。

この支払方法はカードの名義人1人のみに対してカード会社が信用しているからこそ成り立っています。

名義人以外の信用関係が成り立っていない第三者が利用しているのは明確な規約違反となりカードが利用停止になる可能性を含んだ行為になります。

大学生になったのをいい機会と思い車の免許を取って遠出をしたいと考えている方もいると思います。

免許取り立ての方はクレカは持っていてもETCカードは持っていない方が多いと思います。

ネット上でもどこで手に入るの?といった質問も散見されます。

ここではETCカードの入手方法について解説します。

まず最初にETCカードはsuicaのように購入するものではなく申し込みをして取得するものになります。

ETCパーソナルカードという高速道路事業社が発行しているカードと一般的なイメージ通りのクレジットカード会社の発行するカードの2種類があります。

もし持っているクレカがETC対応なら追加発行の申し込み、対応していなければ新規に別のクレカを申し込み、その時に同時にETCを申し込みしましょう。

高速道路を利用するときに便利なETCカードですがいろんなカードがあって選びにくいですよね。

ここではおすすめのカードを2つ挙げます。

発行手数料、年会費がかからないのはライフカードです。

ライフカードでは誕生月に使用するとポイント還元率が通常の3倍になったり、国際ブランドもVISA、JCB、MasterCardから好きなものを選択できる点もいいですね。

2つ目は国内でも有数の知名度を誇る楽天カードです。

クレカは年会費無料ですがETCカードの方は540円の年会費が発生します。

年会費が気にする方もいらっしゃいますが楽天カードは基本的にポイント還元率がよくエネオスなどでガソリン給油時にもポイント還元があります。

皆さんはクレジットカードの利用額はちゃんと管理していますか?特にカードを複数枚お持ちの方は管理が大変ではないでしょうか。

個人事業主でプライベート用や仕事用でカードを分けている場合、確定申告用にどの領収書がどのカードに紐づくか利用履歴や明細を確認する必要があります。

これはETCカードでも同様の確認が必要です。

クレカでは各カード会社で照会をする必要が出てきますがETCの場合は「ETC利用照会サービス」という1つのサイトでカードごとに過去の利用証明書・利用明細の確認ができます。

レンタカーでETCを利用した場合はレンタカー会社へ事前に情報を確認していなければレンタカー会社へ情報確認をしないと照会ができなくなってしまうので気をつけましょう。

自動車免許を取得して友達と車で旅行をする際に首都高などの高速道路を活用すると思います。

そんなときに持っていると楽なのがETCカードです。

たまに料金所の一般レーンで渋滞が起きているのを見ますよね。

そんなときにETCレーンが利用できれば料金所渋滞に悩まずに進めます。

ETCカードを作るにはクレジットカードを作る必要があり、クレカをすでに持っている場合は問題ないですが新しくクレカを発行するときには入会審査が必要になります。

また、カード会社ごとに特典や年会費の有無など違いがあるのでカードの利用頻度などから自分の生活環境に合うカードを探してみてください。

「大学生のうちにクレジットカードを作っておこう」と言うアドバイスを聞いたことはありませんか?学生だとクレカは作れないんじゃない?と思う方もいると思いますがクレカの種類の中には学生専門クレカもあるくらいで社会人になってカードが必要になる前に申し込みをしましょう。

また、学生専門ローンの中にはポイント還元率のアップやある年齢まで継続使用しているとゴールドカードへ自動ランクアップなどのメリットもあります。

その際、車をお持ちの方はETCカードの申し込みも同時に行っておきましょう。

作ったクレカをネットショッピングなどで利用・返済することでカード会社が利用している個人信用情報機関にクレジットヒストリーというものが記録されます。

若いうちからクレジットヒストリーを作ることで社会人になってからローンなどが組みやすくなります。