と痛み

脱毛が痛ければ痛いほど肌はダメージを受けています

 脱毛って痛みを伴うものが多いんじゃないかな。 脱毛テープ然り、脱毛器然り、毛抜き然り・・。 傷みがあるということは、それだけ肌にダメージを与えているということなので、脱毛と痛みの度合いって意識する必要があるかも。 痛ければ痛いほど肌はダメージを受けていますよね。

 私は毛をからめとるタイプの脱毛器を使ったことがありますが、あれはほんとに痛くて・・。 二度くらい使って止めてしまいました。 脱毛した後の肌も真っ赤になっちゃったし、かなり肌を傷めちゃったなあって感じでした。 私の友達も同じような脱毛器で脱毛していますが、彼女は、使い慣れたら痛くないって言ってたんです。 私は慣れるまでに至らなくて・・。 これだけ痛くて真っ赤になるような脱毛を繰り返していたら、きっと肌にかなりダメージを与えちゃっただろうなあ・・。

 でも友達のように慣れてくる人もいるってことは、肌質によっては、ダメージが少ない人もいるってことなのかな。 私は元々敏感肌なので、そういう脱毛法は自殺行為だったんでしょうね。 もっと肌に痛みのない、優しい脱毛を心掛けなきゃ・・。 とはいえ、そんな脱毛法ってあるのかな? レーザーを使って脱毛する家庭用脱毛器なら、私のような敏感肌でも大丈夫かも。 ちょっと高いけど、購入しちゃおうかな。

関連サイト

脱毛器人気ランキング!効果を体験比較!【脱毛器選び方口コミ】
家庭用脱毛器を買いたいけどどれにしようか迷った方。こちらの体験談サイトがすごく参考になりますよ。
datsumoukihikaku.sakura.ne.jp/