前へ
次へ

賃貸借の際の物品賃貸借契約書について

物品の賃貸借を行う場合には、必ずしも契約書の作成を行う必要はありませんが、将来のリスクに備えて、物品賃貸借契約書を作成する場合が多いです。不動産の賃貸借の場合は口約束だけで貸すケースは稀で、親族間の賃貸借以外は、ほとんどの場合で賃貸借契約書を作成します。物品賃貸借契約書の作成は、物品賃貸の業者が自らの手で作成する場合もあれば、司法書士や弁護士などに頼んで、物品賃貸借契約書を作成する場合もあります。司法書士や弁護士などの法律の専門家に物品賃貸借契約書の作成を依頼した場合には、報酬を支払うことが必要になりますが、法律上何の問題もない完璧な賃貸借契約書を作成することができます。税理士や行政書士に頼んでも、賃貸借契約書を作成することは可能です。

Page Top