前へ
次へ

物品賃貸借契約書の賃貸借期間について

物品賃貸借契約書のポイントである賃貸借の期間について説明します。賃貸借契約の期間は、期間の定めのあるモノと、定めのないモノの2種類があります。期間を定める場合には、1年以上に定める必要があり、1年未満の賃貸借契約は、期間の定めがないものとみなされます。期間の定めのある場合は、期間の満了と同時に終了することになりますが、借地借家法では、賃借人のための保護がされています。まずは当事者が賃貸借の期間を定めた場合です。この場合、当事者が期間満了前6ヶ月ないし1年以内に、相手方へ更新拒絶の通知、または条件を変更の通知をしなければ、前と同一の条件でさらに賃貸借をしたものとみなすされます。次は期間の定めのない場合です。この場合、賃貸人は、いつでも解約の申し入れができ、申し入れから6ヶ月を経過して契約は終了します。賃貸人の解約の申し入れには正当な理由が必要ですが、賃借人からの解約の申し入れは、正当な理由を要せず、3ヶ月経過すると契約は終了します。

Page Top