前へ
次へ

物品賃貸借契約書に記載されるじこうとは

物品賃貸借契約書は読んで字のごとく物を貸す側と借りる側が契約する時に作成されるものです。不動産の場合は次のような事項が記載されます。まず、両者間で不動産賃貸契約が締結されたことと、引き渡し時期や賃貸期間、賃料など基本的な事項が明記されます。さらに、物件の使用条件や保険、天災害時の対応など万が一の場合についても取り決めがなされます。その他、賃料の支払いが滞たり、契約違反があった場合の対応の仕方なども書かれており、ほとんどの場合連帯保証人を立てる必要があります。物品賃貸借契約書は少なくとも二通作成され、貸す側と借りる側の両者が保有します。場合によってはもう一通作成し、連帯保証人が保管する場合もあります。

Page Top