前へ
次へ

物品賃貸業についてのご紹介

リース会社は、物品賃貸借契約書を結び企業が指定した機械設備などを購入して、企業へリースします。ファイナンスリースと呼ばれている形態は一般的なもので、オペレーティングリースとは残価を設定することでフルペイアウトの条件に当てはまらないようにしているようです。また中途解約時に違約金条項がなくファイナンス・リースの定義に当てはまらなくなっている契約です。リースバッグは、リース会社が借りて企業から物件を買い取って、それを借りて企業にカ貸す契約でリースとして認められる取引には条件があり資金調達目的は認められていないようです。多種類の物件を導入する必要があり借りて企業が物件を購入した方が事務的効率化が図られる場合、輸入機器などのように通関事務などに専門的知識などが必要な場合などに取引されます。

Page Top